最新モデルチェンジ情報

【最新情報】新型スペイドが2019年にフルモデルチェンジ予定!ハイブリッドもラインナップ。生産中止が噂される中、個性派として期待

新型スペイド

 

今回は新型スペイドのフルモデルチェンジ最新情報をお届けします。生産中止も噂されるモデルだけに・・気になります。

ルーミーやタンク、パッソにアクアなど・・立ち位置をどこに置くんだろうね!?

2012年に登場し、2017年にマイナーチェンジを実施しました。その間に同社トヨタからはルーミーやタンクといったハイトールコンパクトカーがデビューし、大人気となっています。

ポルテはトヨタ店とトヨペット店。スペイドはカローラ店とネッツ店で発売される兄弟車です。

ここで出てくる問題が、スペイドの立ち位置。。フルモデルチェンジで期待される変更点をしっかりと見て行きましょう!

記事のポイント
  • スペイドフルモデルチェンジは2019年夏~秋
  • ハイブリッドのラインナップ
  • 安全性能の向上・次世代ToyotaSafetySenseの搭載へ
  • 使い勝手が魅力でシニア世代にも人気がある
  • 現行モデルの紹介

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

https://small-turn.jp/1660

新型スペイドのフルモデルチェンジは2019年夏~秋頃

新型スペイドフルモデルチェンジ

現行モデルは2012年にデビューし、2017年にマイナーチェンジを実施しています。ポルテはトヨタ店とトヨペット店。スペイドはカローラ店とネッツ店で発売される兄弟車です。

ちょっと古さを感じちゃうよね。。

もうそろそろフルモデルチェンジしてもいいなじゃない!?って声が聞こえてきそうですが、噂では・・

  • 2019年夏~秋にフルモデルチェンジ予定

となっていますね!噂される変更点を見ていこうじゃないですか!

ハイブリッドのラインナップは必須!1.5Lで差別化を

 

新型ポルテスペイドフルモデルチェンジ

新型スペイドのフルモデルチェンジで、変更されるポイントをまとめると・・

[capbox title=’モデルチェンジ変更点まとめ’ titlesize=18px titlepos=center titleicon=’icon-book-open’ titlepattern=2 bdsize=4 bdstyle=2 bdcolor=’#70c9a5′ plx=’enter bottom delay 0.8s’]

  • 1.5Lハイブリッドのラインナップ
  • 次世代安全性能ToyotaSafetySenseの採用

[/capbox]

まずはハイブリッドのラインナップでしょう。ルーミーやタンクに先駆けて、ハイブリッドをラインナップすれば個性派としての立ち位置を強化できますね。

アクアの1.5Lハイブリッドエンジンなら、燃費35km/Lを超えてくる

新型ポルテフルモデルチェンジ

フルモデルチェンジでアクアに搭載されていてる、1.5Lハイブリッドシステムを採用してくれば・・

  • 燃費35km/Lを超えてくる可能性

これだけの燃費性能を実現できれば、ルーミーやタンクと大きな差別化になりますね。最近のトヨタ車で問題になっているのが、アクアとヴィッツなど差別化が曖昧になってきている点です。

今一度スペイドの魅力をまとめてみましょう!

スペイドの魅力は個性派&使い勝手の斬新性

新型ポルテフルモデルチェンジ

スペイドといえば、運転席側はヒンジ式のドアで、助手席側は一枚のスライドドアですね。

かなり斬新なアイデアだよね!アシンメトリー車って呼んでるもんね笑

助手席側はワイヤレス電動スライドドアとなっており、助手席も700mm前後にスライドする。乗り降りのしやすさは抜群です。こんな使い方も↓↓

新型スペイド内装スライドドア 新型スペイド内装後部座席リクライング

子育て世代のファミリーにはもちろんのこと、シニア世代にも使い勝手の良さは抜群です。低床&フラットフロアで、手をかけやすく工夫されたドアも魅力でしょう。

現行スペイドの最新値引き情報!2019年8月30万円~35万円

モデル末期ということもあって、値引き幅は拡大傾向にありますね。ライバル車はスズキ・ソリオや兄弟車のポルテを競合させるのが有効ですね。

新型スペイドフルモデルチェンジ

最新の値引き相場額が、2019年8月で30万円~35万円となっています。車両本体価格から25万円、オプション5万円を目標に値引き交渉していきましょう。

グレードアップだって狙えちゃうし、オプションの追加も出来ちゃうね

↓詳しくはこちら↓

https://small-turn.jp/1660

現行スペイドの紹介

直近のマイナーチェンジは2017年12月に実施されています。片側だけスライドドアやシートがロングスライドするなど、画期的アイデアで人気を博しました。スペイドの歴史を振り返りましょうか!

新型スペイド画像
  • スペイドの歴史
2012年7月初代デビュー
2014年4月マイナーチェンジ
2015年7月マイナーチェンジ
2016年6月マイナーチェンジ
2017年12月マイナーチェンジ(現行モデル)

2012年のデビューから、未だにフルモデルチェンジは一度も実施されていませんね。この期間にルーミーやタンクといったハイトールコンパクトカーが発売されています。

スペイドは個性派として人気が高いので、フルモデルチェンジで独自のキャラクターをしっかりと提示できるかが売れ行きの鍵になるでしょうね。

スポンサーリンク

スペイドの満足度は81点!ファミリーユースにしっかりと対応したコンパクトカー

新型スペイドフルモデルチェンジ

新型スペイドの評価がコレ↓

エクステリア
インテリア
燃費
走行性能・乗り心地
価格
総合評価

全記事一覧値引き情報

新型スペイドのオリジナル評価は81点です!

内装の評価がすこぶる高いね!!

ですね。内装の使い勝手が最高レベルの評価です。助手席が700mmロングスライド式になっていたり、乗り降りがしやすくシニア世代にも評価が高いです。

もちろんファミリーユースでは、使い勝手が抜群ですね。燃費や乗り心地は及第点といったところですが、片側だけスライドドアになっているなど個性はしっかりしていますね。

https://small-turn.jp/1757

価格・サイズともにシエンタとルーミーの中間。

新型スペイド画像

新型スペイドのサイズをまとめると・・

全長3995mm
全幅1695mm
全高1690-1720mm
室内長2160mm
室内幅1420mm
室内高1380mm
車両重量1170kg-1230kg
ホイールベース2600mm
最小回転半径5.0m

新型ルーミー/タンクとの比較では・・

  • 価格はおすすめグレードなら割安感
  • スペイドは4WDの設定がある
  • 車体サイズは大きいが、室内はルーミーが広い

といった結果に。シエンタとの比較では新型スペイドを選ぶ理由ははっきりしていますが、問題なのは新型ルーミー/タンクとの比較ですね。

はっきり言うと・・

  • 新型ルーミーはスペイドの進化版

とも言えるでしょう。安全性能は先進技術を装備し、室内のサイズは広い。今新型スペイドを選ぶ理由を考えると・・

  • デザインが好き
  • 値引き額の拡大

上記2点が大きな理由になるでしょうね。2017年にマイナーチェンジもしているので、決して古い訳ではないのですが。。

https://small-turn.jp/1663

スペイドの燃費は22.2km/L、実燃費は15-17km/L悪くはないが、ハイブリッドと比較すると・・

新型スペイド画像

新型スペイドの燃費性能を見ると・・

ガソリン車2WD22.2km/L
ガソリン車4WD16.0km/L
十分なんじゃないって思うけど・・ライバル車も凄いからね。。

 

  • 実燃費|2WD|15-17km/L
  • 実燃費|4WD|11-12km/L

アイドリングストップやエコ・ドライブで低燃費を実現していますが、やはりハイブリッドにはインパクトでも負けてしまいます。。

今後フルモデルチェンジorマイナーチェンジで求められるのは・・

  • ハイブリッドモデルの追加

を実現すれば、元々エクステリア&インテリアは高評価なので一気にトップ戦線に踊りでしょうね!

https://small-turn.jp/1695

スペイドのおすすめカラーはダークブラウンマイカメタリックで決定!オシャレ感をUP!!

新型スペイド

新型スペイドらしく、大人のオシャレ感。ダークブラウンマイカメタリックでおすすめカラーは決定です。人気の色ですね。

スペイドらしいおすすめカラーでいいね~

車体カラーによって、オシャレ感orファミリーor可愛さと表情を変えるのが新型スペイドですね。リセールバリューとオシャレ感を演出したかったので、今回はおすすめカラーをダークブラウンマイカメタリックにしました。

https://small-turn.jp/3664

内装はファミリーユースを考え尽くした【王様】とにかくかゆいところに手が届く

新型スペイド画像

新型スペイドの内装レビューでした。一言でまとめると・・

  • ファミリーユースを考え尽くした【王様】
  • とにかく便利
  • とにかくかゆいところに手が届く

室内空間も広く、シートアレンジも豊富で文句なし。日常シーンでは全くと言ってもいい程不満はでないでしょう。実用的も高く、インテリアデザインもオシャレと文句なしの内装でしたね。

https://small-turn.jp/1701

安全性能は「セーフティ・サポートカー・ワイド」に該当

安全性能

安全性能はToyotaSafetySenseを搭載。しかし・・自動ブレーキは歩行者に対応していないのがマイナス評価ですね。。

※追記 マイナーチェンジで歩行者にも対応し、サポカーSワイドに該当しました。

フルモデルチェンジで機能向上が期待されます。

おすすめグレードはグレード【F】+必要なオプション

新型スペイド内装スライドドア

新型スペイドのおすすめグレードでした。まとめると・・

  • おすすめグレードはグレード【F】+必要なオプション

と言った結果になりました!!決めてはシート素材&価格とのバランス。ファミリーユースを考えれば、子供が飲み物をこぼしたり・・そんなシーンに対応できるおすすめグレードを選びました。

グレード【G】に標準装備のオプションが必要であれば・・

  • ナノイーパッケージ(オートエアコン含む)|61,714 円
  • スーパーUVカットパッケージ|17,280円

でグレード【F】にも装備可能になっているのも嬉しいポイント。【G】との価格差10万円を考えてもお得感がありますね。

https://small-turn.jp/1730

特別仕様車 F“Noble collection”は内装&外装が上質で上品に

新型スペイドフルモデルチェンジ 特別仕様車 F“Noble collection” 特別仕様車 F“Noble collection”

スペイドの特別仕様車 F“Noble collection”は内外装ともに、上質で上品に仕上がっています。高級感や所有する喜びを感じる特別仕様車ですね。

新型スペイド【F】の乗り出し価格は・・¥2,411,058

新型スペイド乗り出し価格

新型スペイドのお見積り結果は・・

  • 乗り出し価格|¥2,411,058
乗り出し価格250万円はきってきたね・・よかった。。

おすすめオプション&上級グレードでの乗り出し価格なので及第点かなと。

新型スペイドの値引き額は【30万円】となっているので、実質乗り出し価格は210万円ですね。

しっかりと値引き交渉はやりましょうね。オプション&本体値引きでお得に新型スペイドをゲットしちゃいましょう!

https://small-turn.jp/1740

https://small-turn.jp/1660

まとめ 売れ行きは芳しくないから、個性派として突き抜けてほしい

新型ポルテフルモデルチェンジ

新型ポルテ&スペイドのフルモデルチェンジ最新情報でした。まとめると・・

  • ポルテ&スペイドフルモデルチェンジは2019年夏~秋
  • ハイブリッドのラインナップ
  • 安全性能の向上
  • 使い勝手が魅力でシニア世代にも人気がある

繰り返しになりますが、ルーミーやタンクとの差別化は必須の問題でしょうね。フルモデルチェンジで今ある魅力をさらに伸ばし、個性派としての立ち位置を確立してほしいですね。

例えば・・

  • クロスオーバー4WDモデルのラインナップ
  • シニア世代向け特化したグレードの追加

など、ポルテ&スペイドを指名買いするような個性やアイデアを期待しちゃいます!今後の情報を待ちましょう!

LOVEコンパクトカー!

新型スペイド記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像テキスト引用
TOYOTA公式HP

スポンサーリンク

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

ABOUT ME
ダニーおーちゃん
ダニーおーちゃん
車大好き!試乗した車は50車種以上。ディーラーさんへ通うのが趣味のダニーおーちゃんです。愛車はGクラス・アウトランダー・XVを所有中。 マジでこの車を買いたい!絶対に後悔しないおすすめグレードを知りたい!って方に情報をお届け出来るようブログを更新していきますね。
RELATED POST