ハッチバック

新型アクセラスポーツの内装を画像でレビュー。グレードによる違いもチェック。後部座席は辛口な口コミも。。

新型フィットクロススタイルパッケージ

今回は新型アクセラスポーツの内装を画像でレビューしていきますね。グレードによる違いもしっかりとCHECKしていきましょう!

マツダの内装はかっこいいからね~!アクセラスポーツにも期待!!

マツダの内装と言えば・・ホワイトレザー。もちろんアクセラスポーツにもラインナップされています。

後部座席の居住性やインテリアデザインまで、画像を見ながら内装をレビューしていきます!

ではどうぞ!!

グレードによってシートカラー&素材に違い

グレードによってシートカラー&素材に違いがあるので詳しく見ていきましょう!

LPackge|パーフォレーションレザー|ブラック×ディープレッド

新型アクセラスポーツ内装画像シート

LPackge|パーフォレーションレザー|ピュアホワイト

新型アクセラスポーツ内装画像シート

PROACTIVE以下|クロス|ブラック

新型アクセラスポーツ内装画像シート
CX系にもあるピュアホワイトが良い感じだね!

人気があるピュアホワイトもラインナップされていますね。グレードによる違いもあるのでCHECKしときましょうね。

おすすめグレードを選ぶ上でも重要なポイントになりそうです!

インパネ周りは上質。スッキリした印象が◎

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

最近のマツダ車はとにかくインテリアデザインが優秀。新型アクセラスポーツのインパネ周りも上質でスッキリとまとめられていますね。

マツダの内装に対する拘りがコレ↓↓

乗り込むたびに走りへの期待が膨らみ、元気が湧いてくる前席空間。ドライブを気持ちよく楽しめる開放的な後席空間。そして、快適さと楽しさのために備えた多彩なアイテム。アクセラに乗るすべての時間を心地よさと楽しさで満たすためのこだわりです。

うんうん。所有する喜びをぐんっとアップしてくれることを期待!
新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

運転中に扱う情報のうち、「走行情報(車速やウォーニングなど)」を視線移動の少ないドライバーの正面に、「快適・利便情報(ナビゲーション地図やインフォテイメントなど)」をダッシュボード上部のセンターディスプレイに集約。また、手もとを見ず直感的に操作できる位置にコマンダーコントロールをレイアウトしています。また、メーターにはよりコントラストが高い新しい液晶を採用するとともに、各メーターのフォントを統一するなど、読み取りやすさをさらに向上させました。

とにかく使いやすさに徹底的拘っていますって事。直感的に使いやすいインパネ周りとなっていますね。

  1. アクティブ・ドライビング・ディスプレイ|PROACTIVE&LPackage
  2. 7インチWVGAセンターディスプレイ|15C以外標準装備
  3. コマンダーコントロール|15C以外標準装備

グレードによる内装装備の違いもあるのでCHECKしときましょうね。

クルーズコントロール

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

約30~100km/hの範囲で走行中、アクセルを踏まずに設定速度での定速走行が可能です。またAT車は、エンジンとSKYACTIV-DRIVEの協調制御によって走行状況に合ったギアを選択し、燃費に貢献。下り坂でのシフトダウン制御機能も採用しています。

クルーズコントロールはグレードによる違いもあって、15C・15S以外に標準装備となっていますね。高速道路で大活躍間違いありませんね。

プッシュボタンスタートシステム

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

アドバンストキーを携帯し、ブレーキペダル(MT車はクラッチペダル)を踏みながらインパネ上のボタンを押すだけで、エンジンの始動/停止ができます。

プッシュボタンスタートシステムは全グレード標準装備ですね。これは嬉しいポイント。

フルオートエアコン(運転席/助手席独立コントロール機能+花粉除去フィルター付)

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

運転席と助手席それぞれに独立して設定温度を調整できるフルオートエアコンが、走行条件や天候などを問わず快適な室内環境を実現します。15Cにはマニュアルエアコンを標準装備しています。

フルオートエアコンは15C以外標準装備となっていますね。使いやすそうなシンプルな設計ですね。

電動パーキングブレーキは22XDのみ

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

軽い力でスイッチを操作するだけで、確実にパーキングブレーキをかけることができ、しかもコンパクトなレイアウトでコンソール部のすっきりとしたデザインを実現しています。もちろん安全対策も綿密です。

電動パーキングブレーキシステムは22XDPROACTIVE&LPackage、他にも電動スライドガラスサンルーフは22XDLPackageのみとなっています。

コックピットにも拘っています!

新型アクセラスポーツ画像

新型アクセラスポーツはコックピットにも拘っていますね。

まずはドライビングポジションの拘りがコレ↓↓

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

クルマを意のままに操る楽しさの基本として、マツダが大切にしているドライビングポジション。それは、ドライバーがまっすぐ前を向いて、腕や足を自然に伸ばしたところにハンドルやペダル類が配置されているということです。そのため、フロントタイヤの位置を前方に移動させて、運転席に余裕の足もとスペースを確保。これにより、人とクルマをつなぐインターフェイスとなる理想的なペダルレイアウトを実現しました。

長い時間を共にするコックピットだからね。こういう細かいポイントは嬉しいよね。

ペダルレイアウトまで拘り、しっくりとくるドライビングポジションはドライバーの負担を軽減してくれますね。

全グレード標準装備のオルガン式アクセルペダル

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

オルガン式アクセルペダルは、かかとをフロアにつけてペダルを踏み込んだとき、踏み込む足とペダルが同じ軌跡を描きます。このため、かかとがずれにくく、ペダルがとてもコントロールしやすいという特長を備えています。

ペダルコントロールにも拘り。普段ペダルコントロールなんて気にもしないユーザーさんも、試乗で乗ってみれば違いが分かります。

運転席10Wayパワーシートと運転席&助手席シートヒーター

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

運転席10Wayパワーシートには、スイッチ操作で腰のポジションを調節できるランバーサポートと、あらかじめメモリーしておいたシート及びアクティブ・ドライビング・ディスプレイ(カラー)のポジションにセットできるシートメモリー機能を装備しています。運転席&助手席シートヒーターがシートクッションとシートバックを快適に温めます。

豪華な内装装備だね!絶対便利だからな~~

運転席10Wayパワーシートと運転席&助手席シートヒーターは、LPackgeには標準装備で、PROACTIVEにはメーカーオプションで装備可能になっています。

ステアリングヒーターも装備可能

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

グリップの3時・9時位置にヒーターを内蔵。素早くグリップ部を温め、寒い季節にも安全で快適な操作をサポートします。

寒冷地や冬に嬉しいステアリングヒーターも装備。LPackgeには標準装備で、PROACTIVEにはメーカーオプションで装備可能になっています。

見通しの良い前方視界がGOOD

新型アクセラスポーツ内装画像インパネ

前方の状況を早めにしっかり視認し思いのままの走りを楽しめるよう、前席からの斜め前方視界を確保しました。また、ドアミラーの取り付け位置をドア部に変更してミラー越しの視界を向上。交差点での右左折時に歩行者などを確認しやすくしています。

視界の良さは嬉しいポイント!視界も含めてコックピットだよね。

安全性能とも言えるが、視界の良さ。歩行者が四角になりやすいポイントはケアしてくれるのは嬉しいポイントでしょう!!

スポンサーリンク

後部座席のシートアレンジは6:4分割可倒式

新型アクセラスポーツ内装後部座席シートアレンジ

スペースアレンジが可能な6:4分割可倒式シートバックを、アクセラスポーツ全車と15C、15S、15S PROACTIVE、22XD PROACTIVE、22XD L Packageセダンのリアシートに採用。シートバックを倒したときに、ラゲッジルームやトランクのフロアと段差ができないよう車体構造を基本から造り込み、荷物を積み込みやすいスペースを実現しました。

後部座席のシートアレンジは6:4分割可倒式になっているので、ラゲッジスペースも拡大できますね。

後部座席の乗り心地&居住性には辛口評価

新型アクセラスポーツ内装画像シート

後部座席にはセンターアームレスト&カップホルダー付きも装備しています。。しかし・・後部座席の広には辛口な口コミも。。

後部座席は若干狭いですが、時々人を乗せる程度なら全く問題ない

後部座席はノートに比べると狭いですね。

4人で乗るときついかも

クルマの性格もありますが、ファミリーユースを中心にするユーザーさんには合わないかも。。後部座席は日常的に4人~5人乗りというよりは、時々使用する感覚ですね。

新型インプレッサスポーツは後部座席の広さに定評があるので尚更辛口な口コミも目立つ結果に。。

ラゲッジスペース・荷室容量は364L

新型アクセラスポーツラゲッジスペース

ラゲッジルーム容量は後席使用時にも364L(VDA方式)を確保。ラゲッジルームのプライバシーを守るトノカバーは、荷物の出し入れ時に邪魔にならないよう上方に大きく開きます。

ファミリーユースのコンパクトカーと比較すると狭いですが、日常シーンでは十分な広さと言えるでしょう。

まとめ 収納スペースもGOOD!!

新型アクセラスポーツ内装収納スペース

新型アクセラスポーツの内装レビューでした。グレードによる違いもあるのでしっかりとCHECKしてくださいね。

そして収納スペースも拘っています!!

室内をドライバー側/助手席側/後席/天井/ドアトリムなどのゾーンに分け、それぞれのゾーンでどのような収納機能が求められるのかを調査。その結果、各ゾーンでよく使われる小物類に適した容量を持つ収納スペースを、出し入れしやすくて視線移動量も少ない位置に設定しました。

  1. フロントコンソール
  2. アームレスト付大型コンソールボックス
  3. オーバーヘッドサングラスホルダー
  4. サンバイザー(運転席チケットホルダー付)
  5. カップホルダー(フロント×2)
  6. ボトルホルダー+ドアポケット(フロントドア×2/リアドア×2)
  7. リアシート センターアームレスト(カップホルダー付)
  8. シートバックポケット(助手席)

十分な収納スペースを確保し知恵ますね。ユーザーの声を反映させている点も嬉しいポイントですね。

新型アクセラスポーツの内装は、流石に上質の一言。グレードによってはレザーシート&豪華な装備も充実していますね。

試乗に行く際には、走行性能もさることながらインテリアデザインをたっぷり味わい尽くしてくださいね!

LOVEコンパクトカー!!

画像テキスト引用MAZDA公式HP

スポンサーリンク

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

ABOUT ME
ダニーおーちゃん
ダニーおーちゃん
車大好き!試乗した車は50車種以上。ディーラーさんへ通うのが趣味のダニーおーちゃんです。愛車はGクラス・アウトランダー・XVを所有中。 マジでこの車を買いたい!絶対に後悔しないおすすめグレードを知りたい!って方に情報をお届け出来るようブログを更新していきますね。
RELATED POST