最新モデルチェンジ情報

次期オーリスは12代目カローラハッチバックへフルモデルチェンジ!発売日は2018年6月26日。ターボ&ハイブリッド、GRもラインナップ予定。

新型スイフトスポーツ加速性能

今回は新型オーリスがカローラハッチバックとしてフルモデルチェンジを実施します!発売日は2018年6月26日に決定!!

次期オーリスがカローラハッチバックになるんだね~

車好きに人気があったトヨタオーリスが12代目カローラハッチバックとしてフルモデルチェンジします!

これは楽しみですね。ライバル車のスバル新型インプレッサスポーツやマツダ新型アクセラスポーツに押され気味でしたからね。。

トヨタのミドルサイズハッチバックの巻き返しなるのか!!?カローラハッチバックの魅力に迫っていきましょう。。

新型カローラスポーツ記事一覧

12代目カローラハッチバックのエクステリア画像を見ようじゃないか!

まずは画像から楽しみましょうよ!!

新型カローラハッチバック画像

もう一つは、実際に乗っていただくと理解していただけるのですが、とても滑らかな走りに仕上げています。シャーシ系の足回り部品を新たに開発するために、600種類以上のケースを試して、やっと見つけた部品で構成しました

新型カローラハッチバック画像

1966年の日本での発売以降、50年以上にわたり進化を続け、世界で累計4500万台以上を販売した「グローバルベストセラーカー」であるカローラが、大きく生まれ変わります。エクステリアでは、スポーティさに磨きをかけるとともに、たくましさ・力強さを付与。インテリアでは、シンプルかつ上質なデザインを実現。走行性能も、トヨタが進めるクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture」(TNGA)のもとで開発したプラットフォームや新型パワートレーンにより、走りの基本性能や環境性能を大幅に向上します。

かっこいいじゃないか!!カラーバリエーションもいいね。

一つは、ボンネットフードの高さです。実は、従来のコンパクトクラスのクルマからすると約50mmから100mmほど低くなっています。これを実現するためには、ボンネットフードの下にある部品が小さくなければいけません。そのため、何百種類もの部品をすべて小型化して配置しています。この作業には、トータルで3年くらいかかりました。

スポーティーなエクステリアデザインがかっこいいじゃないか!!

ヘッドライト&フロントグリルがかっこいい

新型カローラハッチバック画像9
レクサスっぽいねーーメッシュグリルを採用してきたんだ。。

フロントマスクのデザインは、キーンルック。大きなフロントグリルを採用して、スポーティさを際立たせていますね。新型カローラハッチバック画像10

フロントグリルはメッシュタイプになっていますね。レクサスFスポーツを彷彿させてかっこいいじゃないか!!

ヘッドライトはシーケンシャルターンランプも標準装備してくるでしょうね。

リヤの画像!コンパクトにまとめた”ケツ”

色がいいよね笑・・

リヤは小ぶりになっていますね。ヴィッツと同じ様なデザインになっています。

カローラハッチバックの内装 インパネ画像

新型カローラハッチバック画像新型カローラハッチバック画像新型カローラハッチバック画像新型カローラハッチバック画像

上質さが画像からも伝わってきますね。AppleCarPlayにも対応してるのはGOODです。

カローラハッチバックはMTマニュアル車もラインナップ

米国仕様ではマニュアル車の画像も出ています。日本発売モデルもラインナップされるでしょう。新型6速マニュアルトラスミッションを搭載予定になっています。

プラットフォームはTNGA

TNGA

TNGAを採用することによって、低重心化・ボディ剛性・室内空間の拡大も期待できますね!

カローラハッチバックの価格・値段は250万円以内

ライバル車新型インプレッサスポーツ&アクセラスポーツを考えれば・・

  • 売れ筋グレードは250万円以内となる

あくまでも予想ですが、間違いないでしょう。トヨタはしっかりとライバル車を意識してきますからね。

ハイブリッド&ターボをラインナップ

新型カローラハッチバック画像

新型カローラハッチバックのエンジンラインナップは・・

  • 1.2Lガソリンターボ
  • 1.8Lエンジン+モーター(ハイブリッド)

となっていますね。1.2Lガソリンターボにはマニュアル車もラインナップされるでしょう。

最高出力&馬力は・・

最高出力&馬力をまとめると・・

1.2Lガソリンターボ

  • 最大出力|116ps|5,200-5,600rpm
  • 最大トルク|18.9kgm|1,500-4,000rpm

1.8Lエンジン+モーター

  • 最高出力|72kW(98ps)|5,200rpm
  • 最大トルク:|142Nm(14.5kgm)|3,600rpm
  • システム出力|122ps

ライバル車と比較しても遜色のないスペックになっていますね。。

カローラハッチバックの燃費は34.0km/L

新型カローラハッチバック画像

燃費性能をまとめると・・

  • 1.2Lガソリンターボ|JC08モード|21.0km/L
  • 1.8Lハイブリッド|JC08モード|34.0km/L

優秀な数字になっていますね。流石トヨタさんとしか言いようがありません笑。。

スポンサーリンク

安全性能は次世代Toyota Safety Senseを全グレード標準装備

“Toyota Safety Sense”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

トヨタの安全性能は、2018年に全て次期“Toyota Safety Sense”に変わるとされていますね。間違いなく全グレード標準装備となるでしょう。

GRもラインナップ予定!年末に発売か!?

スポーティな走行が気軽に楽しめる、GR SPORT Vitz。ベース車が本来持つ、軽快さに正確さとダイレクトな動きをプラス。走る。曲がる。止まる。それだけのことが楽しい。圧倒的に軽快で気持ちいい、“走る楽しさに目覚める”コンパクトスポーツ。

ヴィッツにもラインナップされている、GRモデルも年末に発売予定とされていますね。

発売日までに情報がガンガン出てくると思うので、また更新していきますね!!

 

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像テキスト引用https://www.carscoops.comTOYOTA公式HP

スポンサーリンク

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

ABOUT ME
ダニーおーちゃん
ダニーおーちゃん
車大好き!試乗した車は50車種以上。ディーラーさんへ通うのが趣味のダニーおーちゃんです。愛車はGクラス・アウトランダー・XVを所有中。 マジでこの車を買いたい!絶対に後悔しないおすすめグレードを知りたい!って方に情報をお届け出来るようブログを更新していきますね。
RELATED POST